トラベル 日記

世界中のマニアが集う!中野ブロードウェイ体験記。

投稿日:

 

先日、東京を代表するディープスポット「中野ブロードウェイ」に行ってきましたので、その様子をレポートします。

世界中のマニアやコレクターから注目されている場所で、「サブカルの聖地」とも呼ばれています。

都庁のある新宿のすぐ近くにあるのでアクセスも良好です。

それでは写真を交えてご紹介していきたいと思います。

 

マニアの聖地、中野ブロードウェイ

 

 

中野ブロードウェイは1966年開業の商業ビルです。

JR中野駅北口を出て、すぐ目の前の中野サンモール商店街を真っ直ぐに進んで、突き当たった所に位置しています。

今ではかなり有名になりましたが、1980年に「まんだらけ」がわずか2坪のスペースで営業を始めた漫画専門古書店を皮切りに、様々なジャンルのコアなマニアたちが集まり始めました。

栄枯盛衰を経て、現在のように「サブカルの聖地」として有名になったのは、1991年のバブル崩壊後と言われています。

TVやネットなどで「まんだらけ」が取り上げられるようになると、海外のマニアやコレクターからも注目が集まり出し、今ではかなりの数の外国人観光客がいます。

 

 

私が訪問した時も訪日外国人の方がたくさんいましたので、かなり活気がありました。

日本のサブカルチャーを新旧問わず凝縮した空間はとても刺激的でした。

 

マニアも納得の品揃え

 

 

アンティーク品、コレクターグッズ、アニメグッズ、ジブリグッズやぬいぐるみなどを扱うショップが多いですが、レンタルショーケースのお店も結構ありました。

ガチャガチャだけが置いてあるお店もあっておもしろかったです。

味のある飲食店も多数入居していますし、カフェもあるのでゆっくり散策出来ますね。

高級腕時計を扱うお店や昔なつかしい雰囲気の理髪店などもあり、とにかくバラエティ豊かです。

 

芸術家のカフェ

 

 

今や世界的な芸術家となった、村上隆が関係するカフェ「Bar Zingaro」はオシャレな雰囲気でオススメです。

店内には村上隆の作品が壁に飾られており、グッズ販売などもやっています。

 

出典:bar-zingaro.jp

 

村上隆の代表作、お花をモチーフにしたフードやドリンクも充実しており、店内の雰囲気もとても良かったです。

クッションとか欲しかったのですが、値段が結構高かったので諦めました。

代わりにDOB君のマウスパッド(3000円!)を購入しました。

 

サブカルの奥深さ

 

今回は時間の都合もあり、2時間くらいしか滞在出来ませんでしたが、本当はもっと色々と見て周りたかったです。

1店舗1店舗が本当に濃いので、好きな人はずっといても飽きないと思います。

私も年に数回訪れる程度ですが、中野ブロードウェイに行くたびにワクワクします。

東京に来る機会がある方は、是非一度遊びに行ってみてください。

-トラベル, 日記

Copyright© AMENECOBLOG , 2019 All Rights Reserved.